「2015年12月」の記事一覧

【ピロリ菌と皮膚病】ピロリ菌を除菌するとじんましんが改善する?

慢性胃炎を引き起こし、胃がんのリスクも挙げるとされているのがヘリコバクター・ピロリこと通称ピロリ菌です。 この細菌は胃の病気の原因としてとても有名ですが、他の病気や症状とも関連するのではないかと指摘されています。 &nb・・・

【子宮頸がんの再発の確率】初期症状の不正出血、帯下が重要サイン

最近、某有名女性弁護士さんが子宮頸がんの前段階である異形成であり、手術をしたというニュースが話題となっています。 彼女のように、異形成という子宮頸がんの前段階であれば手術をして経過観察となります。 しかし、がん細胞が万が・・・

【子宮頸がんの原因と症状】早期発見と早期治療で妊娠にも影響なし

cancer_01

1990年代以降、20〜30歳代の発症が急速に増えている子宮頸がん。 今では乳がんに続いて第2位の女性がかかるガンとされています。 毎年1年間に約10000〜15000人の女性が発症し、年間約3500人が亡くなっています・・・

【子宮頸がん予防と妊活】子宮年齢と卵巣年齢を若返り&若く保つコツ

最近いろいろな芸能人の方がメディアで公開して、認知度が高まった妊活という言葉。 25〜35歳の妊娠適齢期にある女性でも、健康な男女で子作りをしても、1ヶ月で妊娠できる確率は20〜30%とされており、 1年間子作りを行って・・・

【子宮頸がん予防対策】本当は怖い。良い食べ物と悪い食べ物の知識

年間3000人が亡くなっている子宮頸がんという病気。 やはり検診を受けるというのが早期発見の近道となりますが、食べ物などで自分で予防できれば嬉しいことですよね。 近頃はオーガニック食材やジュースクレンジングの流行など特に・・・

【子宮頸がんと子供への影響】治療中の妊娠、出産への取り組み方

女性にとって大きなイベントでもある妊娠、出産。 そんな中、妊娠がわかった際に行った検診で、妊娠中に子宮頸がんにかかっていたと分かる事例が数多くあります。 理由としては、妊娠などのきっかけがない限り、産婦人科を受診すること・・・

【子宮頸がん予防に良いこと悪いこと】ヒトパピローマウィルス撃退法

近年罹患率が増加傾向の子宮頸がん。 女性の妊娠、出産にも深く関わってくるため、女性にとっては深刻な悩みである一方、あまり情報がメディアでは出てこないのが現状となっています。 子宮頸がんとは様々なメディアでも紹介されている・・・

【ヒトパピローマウィルス】感染を防ぐためには男性の感染検査も必要

子宮頸がんの原因ともされているヒトパピローマウィルス(HPV)。 ヒトパピローマウィルスは300種類以上あるとされていて、子宮頸がんとなる型も決まっていますが、 この子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウィルスは男性との・・・

【子宮頸がん検診】出血や痛みは怖くない。妊娠中と生理中の検査は?

1990年以降、各種がんの中で上昇率が著しく、乳がんに次いで2番目に女性の発症しやすいガンである子宮頸がん。 特に、20代〜30代の女性の罹患率が上昇しており、20歳以上では2年に1回の検診が奨励されています。 地域によ・・・

【新型インフルエンザの症状】季節性インフルエンザや風邪との違い

シーズンが来る度に猛威を振るう、インフルエンザ。 ノロウイルスと並んで冬の驚異となっているインフルエンザですが、更に「新型インフルエンザ」という新しいインフルエンザが発見されています。 その為、区別の為に今までのインフル・・・

このページの先頭へ