【子宮頸がん予防対策】本当は怖い。良い食べ物と悪い食べ物の知識

年間3000人が亡くなっている子宮頸がんという病気。

やはり検診を受けるというのが早期発見の近道となりますが、食べ物などで自分で予防できれば嬉しいことですよね。

近頃はオーガニック食材やジュースクレンジングの流行など特に食に対しての意識が高い人が増えてきているように思います。

子宮頸がんを予防することができる食べ物は存在するのでしょうか?

スポンサーリンク


子宮頸がん予防となる食べ物って?

 

今から紹介する食べ物は子宮頸がん予防だけでなく、子宮頸がんに罹患中の方でも、回復を促進する効果があるとされています。

子宮頸がん予防となる食材の代表として以下のものが挙げられます。

 

・緑黄色野菜(ネギ、小松菜、人参、ゴボウ、かぼちゃなど)

緑黄色野菜がわからないという方のために、緑黄色野菜とはβカロテンを多く含む野菜の総称で、切った時に、外と中が同じ、濃い色をしている野菜のことをいいます。

  • 玄米、小豆、麦、粟などの雑穀
  • ゴマ
  • きのこ
  • 豆腐などの大豆食品
  • 海草類
  • 木の実

これらの食べ物が子宮頸がんの予防、もしくは子宮頸がん罹患中に食べるといいと言われている食品です。

これらの食材に共通することは、冷えを予防するということであり、子宮及び体を冷やさずに温かい状態を保つことが子宮頸がんの予防には大切ということです。

また、子宮頸がんが大幅に低下しつつあるアメリカで様々な医学関係者が勧めているのが、以下の4つです。

  • ニンニク(3〜5片)、
  • ブロッコリー・キャベツ・カリフラワーなどのアブラナ科の野菜、
  • 緑茶
  • ブラジルナッツ

 

特にアブラナ科の野菜は婦人科系の病気に効果があるとされています。

また、ニンニクは様々ながんの予防にと注目されている野菜とされており、近年注目されています。

スポンサーリンク


子宮頸がん予防に悪影響を与える食べ物

予防となる食材があればその逆に、食べることで子宮頸がんを促進してしまう可能性のある食べ物もあります。

そんな子宮頸がんにとって悪い食べ物をご紹介していきます。

  • 甘いもの(生クリーム、アイスクリームなどの乳製品が含まれているものは特に。)
  • 動物性の食品(肉や乳製品など)
  • 脂っこいもの
  • 体を冷やす効果がある食べ物(トマトやキュウリ、レタスなど)

 

先ほど緑黄色野菜は子宮頸がん予防に良いということを書きました。

 

しかし、ここには緑黄色野菜でもあるトマトやキュウリが入ってきています。

前述したように子宮頸がんの予防としては子宮を温めることが良いため、逆に体を冷やす食べ物がNGということになります。

 

白米やパンなど見た目の白い食材も体を冷やすため、極力控えることが望ましいとされています。

甘いもの、乳製品でできたものや砂糖は体を冷やすだけが理由ではありません。

がん細胞は糖を栄養にして成長していくため、糖分を控えていったほうが良いということです。

 

また、毎日の摂取カロリーが多い人は、摂取カロリーが少ない人よりも子宮頸がんとなるリスクが高いとされています。

高カロリーのものを食べる機会が多々ある人は、食生活を見直して、カロリーのコントロールをしていくといいかもしれません。

 

キノコを食べることで子宮頸がんが改善できる?

アメリカのヒューストンにあるテキサス大学の研究グループは、キノコの抽出物でヒトパピローマウィルスを消滅させる効果があるという発表をしています。

シイタケが属する菌に含まれるαグルカンという物質を6ヶ月間経口投与したところ、

ヒトパピローマウィルスが陽性だった10人のうち5人が陰性となり、3人も投与中止後に陰性とっったという結果がでています。

現在も研究中なのですが、ヒトパピローマウィルスに対して効果がある薬剤やサプリメントなどはまだ世に出回っておらず、研究が進むことを願うばかりです。

 

もちろん、がんは食事だけでは予防や治癒力向上に直結するだけでなく、生活習慣の見直しなど他にも様々なやるべきこと、改善策などがあります。

しかし、手軽に始められ、かつ、子宮頸がんだけでなく、全身に良い影響を与えるため、まずは食事から試してみるというのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

One Response to “【子宮頸がん予防対策】本当は怖い。良い食べ物と悪い食べ物の知識”

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ