【乳がんの疑いとエコー検査】その精度やリスクとメリットデメリット

一般的にマンモグラフィーとは並行して触診にて乳癌が疑われた際に行うのがエコー検査。

乳房以外にも様々な部位の検査で用いられることが多く、比較的馴染みの深い検査でありますが

マンモグラフィーと比べて検査を受けることで何がわかるのかという疑問の声をよく耳にします。

この検査について少しお話ししていきます。

スポンサーリンク


エコー検査とは?受けることによるメリットデメリットは?

breast-echo

エコー検査(超音波検査ともいいます)は、乳房の上にゼリー状の検査用の液体を塗り、乳房の上から直接プロープと呼ばれる機械で超音波を当てていく検査となります。

痛みもほぼなく、放射線による被曝等の心配もないため、妊娠中でも安心して検査を受けることができます。

また、医師が写しているそばで自分自身も画像をすぐに見ることができます。

 

マンモグラフィーと比べて発達している乳腺組織にも影響を受けにくいため、

乳腺発達によりマンモグラフィーでは、組織を写していくことが困難な20代の若年者の腫瘤の良性、悪性の判定をすることも可能となってくることがメリットとして挙げられます。

この検査によりマンモグラフィーで見つけたしこりの大きさや、形などを詳しく見ることができます。

 

しかし微細なもの、特に石灰化しているものは発見しにくいことや、画像を医師が確認しながら撮影を行うため時間を要すこと医師の技術やプロープを押し当てる角度によっては画像が変わってくること更に全体像として残すことが難しいというデメリットが挙げられます。

費用は市町村や検査をする病院により変わってくるため一概には言えませんが、自己負担の場合は3500円程。

大体の自治体、病院での乳癌検診ではエコー検査とマンモグラフィーをセットで行うところが多く、そのため自己負担でマンモグラフィー、エコー検査を受ける場合は合計1万円ほどの負担があると考えていただければと思います。

エコー検査も保険がきくため、保険を活用すればもう少し低額での治療が可能となってきます。

スポンサーリンク


エコー検査でがんを見つけることはできるか?

locate

ちなみによく乳癌の検査に関する記事や、この文章にもある石灰化という言葉。

これは、がん細胞が産出した副産物であり、がん細胞が増殖する際に古い細胞を死滅させるため、その死滅した時にできて組織に沈着するものが石灰と呼ばれています。

石灰は良性の腫瘤であってもできることがありま、そのため、石灰化=がんではなく、石灰化を見つけることでがん細胞を見つける手がかりになると言われています。

最近のエコー検査では造影剤を使用した検査や血流測定を併用した検査が普及しており、マンモグラフィーや触診にて発見された腫瘤が良性のものか、悪性のものかの確定診断にとても役立っています。

したがって、このエコー検査では腫瘤があらかじめ分かっているものに対しては、とても有効な検査であると言えますが、明確な腫瘤が見当たらずに受けた際には、腫瘤を見つけることもやや難しい検査となります。

 

エコー検査、結局受けた方がいいのか ?

gimon

この質問は自分自身も身近な方や、職場でよく耳にします。

一概には言えませんが、近年、エコー検査のみで受けることよりもマンモグラフィーと併用して受けることにより、乳がんの早期発見につながると言われているため、単独で受けるよりもマンモグラフィーと併用して受けることが勧められます。

特に40歳以降となると毎年の検査が奨励されています。

 

しかし、今現在、行政、病院では20代の若年層であり、第1度近親者(母親や姉妹)に乳癌既往の方がいない場合は、乳腺発達により画像が映らないことを考慮してエコー検査のみを勧めることが多いです。

そのため、併用しての受診を勧められてはいるが若年層であり、触診にて気になる所見があった場合は痛みなど身体的な負担も少ないので、エコー検査だけでも受けてみることに価値はあるのではないかと考えています。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ