【乳がんと良性と悪性の胸のしこり】良性の治療に手術は必要か?

セルフチェックの概念がこの数年で急速に広がりつつあります。

ご自身でセルフチェックをされ、しこりに触れた時、真っ先に悪性の腫瘍を想起させますが、良性の腫瘍であってもしこりが触れます。

悪性のしこりの検査については様々なサイトで情報を見かける機会が多くなったと思いますが、良性のしこりについての情報はなかなか少ないのが現状となっています。

良性のしこりと悪性のしこり、何が違うのでしょうか。

スポンサーリンク


良性のしこりって?特徴は?手術は必要?

しこりが触れる良性の疾患、そしてしこりの特徴、治療はどうするのか?などの疑問を下記にまとめてみました。

 

  • 線維腺腫

若年者に発症することが、かなり多い良性腫瘍であり、10歳代〜20歳代前半でしこりが触れたとの主訴で受診された場合はこれであることが多いですす。

エストロゲンの関与が発生の原因として挙げられています。

 

腫瘍は表面が滑らかで境界が明瞭で弾力があるもやや硬めとなっており、マンモグラフィー上では楕円状に映し出されます。

触診、マンモグラフィー、エコーで診断は他の腫瘍と比べて容易ですが、乳がんとの鑑別のためにも針生検まで行って確定診断をつける方が多いです。

基本的には経過観察となりますが、腫瘍が大きくなる場合には美容的なことも考えて、切除を促されることもあります。

 

  • 葉状腫瘍

以前は葉状囊胞肉腫と呼ばれていましたが、良性な腫瘍であるため、現在では葉状腫瘍と呼ばれています。

線維腺腫と比べると増殖が活発であることが特徴です。

 

腫瘍は境界明瞭で、表面が滑らかですが、表面上の皮膚症状が大きさの割には乏しく、見た目からの判断はなかなか難しいものです。

弾力があるもやや固めで、可動性(触った時などに動く)があります。

増殖が活発であるため、基本的には摘出手術を勧めることが多いです。

また、唯一手術をしても再発がありえるため、経過観察していくことが重要となります。

 

  • 乳腺症

疾患というよりも正常からの逸脱と捉えられることも多い疾患です。

乳頭からの分泌物も見られ、痛みもしばしば伴います。

 

腫瘍は他の良性の腫瘍よりも弾力がなく、硬く触れますが、境界が不明瞭であり、痛みも伴います。

そのため癌との鑑別が重要となってくるため、マンモグラフィーやエコー検査は確実に受けることが必要となります。

腫瘤に対する直接的な治療は必要なく、痛みに対する対処療法のみとなります。

スポンサーリンク


悪性と良性の腫瘍の大きな違いは?

腫瘍に触れた時に悪性であるか、良性であるかの大きな特徴は、今まで書いてきたように腫瘍の境界が明瞭か、不明瞭かにあります。

通常、良性の腫瘍は1つの腫瘍が風船のように膨らんで腫瘍を形成します。

そのため、布などの上から風船を触っていると考えるので、どこからどこまでが腫瘍かという境界線が触るだけではっきりと分かります。

 

しかし、悪性の腫瘍は最大の特徴に「転移をする」ということがあります。

そのため、1つの細胞内の止まらず、周囲の細胞に徐々に広がっていきます。

そして、それによりどこからどこまでが腫瘍かという境界線が分かりにくくなっています。

 

触った時の表現は人にもよりますが、私自身が乳がん腫瘍モデル人形を触った際には丸い柔らかいパンの中に梅干しの種が入っているようなさわり心地でした。

また、悪性の腫瘍は増殖スピードが早いため、セルフチェック時に短い期間で腫瘍が増大していた場合には悪性腫瘍を疑う必要があります。

 

セルフチェックがやっぱり大事

腫瘍自体を触る機会なんて滅多にないため、良性悪性の区別は専門家でない限りとても難しいところです。

しかし、セルフチェックとしてご自身の胸を月1回ペースでチェックしていれば何かおかしいなということはすぐに気づけるはず。

というわけで、日頃のセルフチェックはやはり大事だなと思います。

 

また、乳がんについての知識が普及し始めている昨今。

よく街中のキャンペーン等で、しこりはどういうものかというのをモデル人形を使って触らせてくれるイベントを見かけます。

一度でも触れておくとセルフチェックの際の手がかりとなりそうですね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ