【羊水検査とその費用】お母さんの年齢やリスクとダウン症について

中期胎児ドッグにおいて血清検査や多重マーカースクリーニングテストを受け陽性反応が出た場合に選択することができる羊水検査。

その費用や時期、明らかになる遺伝子疾患また母体や胎児へのリスクについて紹介します。

スポンサーリンク


羊水検査とは

中期胎児ドッグが行われる16週から18週頃に受けることができる確定的検査です。

検査自体は日帰りで行えるものですが結果が出るまでに2週間ほど要します。

この検査では羊水を採取しその中に溶け混んだ胎児の遺伝子物質を調べることで遺伝子疾患の有無を診断します。

 

それまでに受ける通常の妊婦検診や母体血清検査、マーカーテストはあくまでスクリーニング(可能性が高いかどうかをふるいわけるもの)であったものが、この検査を受けることにより胎児の遺伝子疾患が確定されることになります。

※確定診断がおりても疾患をもたずに生まれることも少なからずあります。

 

胎児の遺伝子疾患を診断する為に、当然母親をはじめ家族に与える影響は大きく、ケアやサポートを目的とした遺伝カウンセリングが行われます。

遺伝カウンセリングでは母親や家族の精神的なケアをはじめ疾患についての情報が伝えられます。

 

羊水検査の費用は、自由診療のため各病院によって差がありますが、6万円から15万円ほどになります。

この検査では専用の注射器(穿刺針)を母体に刺す為に胎児や母体へのリスクが少なからずついてまわり、

出血、破水また流産などの確立は0,3から0,1パーセントほど存在します。

 

検査のリスクと判明する疾患

羊水検査では

  • ダウン症(21トリソミー)
  • 18トリソミー

をはじめとして遺伝子疾患を胎児が抱えているかどうかを調べます。

 

検査は羊水内の胎児の細胞から培養される遺伝子を用いるので遺伝子疾患を見つけることができますが、その他の身体的な疾患や代謝異常などの先天性疾患についてはこの検査では分かりません。

 

検査は穿刺針という専用の針を用いて、超音波装置で胎内の様子を見ながら、子宮や胎盤、胎児を傷つけないように進められます。

ヘソの下あたりに針を刺すことが多く、多くの病院では局部麻酔を施して行いますが、施設によっては麻酔を使用しないこともあります。

 

検査のリスクとして考えられるのは、穿刺することによって破水、出血、流産が引き起こされるものがあります。

自然流産との線引きが難しいのですが、流産や死産に関しては、おおよそ3パーセント(300人に1人から500人に1人)ほどの確率で起きます。

 

命の選択をするには短い

羊水検査によって胎児の遺伝子疾患が発見されることは出産時の胎児への適切な環境整備、出産前後の母体へのケアやサポートにおいて有用です。

しかし、胎児に遺伝子疾患など先天性疾患があると判明することは母親や家族への衝撃が伴うことでもあります。

 

英国などは事前に胎児に遺伝子疾患が分かったことでの人工中絶が約92パーセントにのぼるとして問題にもなっています。

現在日本での妊娠人工中絶が可能なのは妊娠22週未満になっています。

羊水検査を受けるということは胎児が何らかの遺伝子疾患を抱えている可能性が高いということであり、金銭的理由や健康的な理由で中絶を考えなくてはならない場合もあるということです。

 

羊水検査を受け、検査をして結果が出るまでに約2週間、もし18週目で検査を受けたとして20週目に結果を聞いたならば妊娠人工中絶が可能な期間は残り2週間ほどしかありません。

妊娠継続を選んでも遺伝子疾患によっては死産や低年齢で命を落とすものもあります。

出産予後の比較的良いものであっても障害をかかえる子どもを育てていく環境を用意する時間、気持ちの整理など含め短い時間と言えます。

 

まとめ

羊水検査は遺伝子疾患が胎児にあるかどうかを確定診断するものですが、

確定診断がおりても遺伝子疾患がない場合も多くはないがあり得えます。

 

およそ0,3パーセントほどの流産、死産の可能性があるリスクや、費用、また期間なども含めて慎重に検査を受けるかどうかを選択する必要があります。

検査内容によっては命の選択をしなくてはならないこともあり、

検査結果が分かってから命の選択をするまでの期間は短く、

それまでによく家族を含め専門家との相談をしておく必要があります。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ