【インフルエンザが発症しない人】不顕性感染者からの感染と感染率

 

インフルエンザと言えば高い感染能力、そして発症すると高熱や関節痛等、とにかく症状が重い事が知られていますね。

しかしこのインフルエンザ、実は感染しても発症しない人がいる事をご存知でしょうか。

今回はこのインフルエンザが発症しない事、不顕性感染について。

そしてその不顕性感染になる人の特徴と、不顕性感染の人からのインフルエンザ感染についてご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザ不顕性感染と不顕性感染者の特徴

infection influenza

出典:mejoresremedioscaseros.com

インフルエンザは感染後、インフルエンザ発症前1日から、発症後7日後まで感染する可能性があります。

発症は凡そ半日から1日ほどで発症しますが、実は感染してもインフルエンザを発症しない人もいるのです。

これを不顕性感染と言います。

元々インフルエンザが発症するまでに時間を必要とするのは、体内でウイルスが発症する必要数まで増えるからなのですが、発症する前に体内でインフルエンザウイルスに体が対処してしまう事で、症状が出ないままインフルエンザを乗り切ってしまう事があるのです。

 

この不顕性感染者の特徴は、健康的な生活を送っており高い免疫力がある事、そしてワクチンで事前に免疫力をつけている事です。

要するに事前に体力、そして免疫力が十分にある事でインフルエンザに感染しても症状が出ないまま、インフルエンザに感染している事に本人は気付かずインフルエンザを治してしまうのです。

この不顕性感染の割合はインフルエンザで20~30%だと言われています。

「インフルエンザにかかった事がない」という人でも、実はインフルエンザにかかっている自覚症状がないまま過ごしている人もいるという事なのです。

 

しかしこの不顕性感染、症状が出ない事は嬉しいのですがここから感染する事はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


不顕性感染でも、感染は「有り得る」

c9aa6edc099629f105ed030d77b22cd4

出典:pinkycloud.com

この不顕性感染の怖い所は、発症していなくても感染する可能性があるという所なのです。

インフルエンザの主な感染経路は、

ウイルスを含んだ咳やくしゃみからの飛沫感染と、

それによって飛んだウイルスに触れた手や指を口や目(粘膜)に持って行って起こる接触感染です。

二つの感染経路では、特に飛沫感染が多く、インフルエンザを発症した後の咳やくしゃみは気を付けなければいけません。

 

しかし人は、ウイルスに感染していなければ咳やくしゃみを一切しないという訳ではありません。

インフルエンザを発症していない状態でも乾燥や鼻のむず痒さから咳やくしゃみが出てしまう事はありえる事で、この時にウイルスが周囲に飛び散ってしまいます。

また、その時に飛んだウイルスは何かに付着し、そこに触れた手を知らない間に口や目などの粘膜に持っていく、もしくは家族間でコップ等を共用した際に移る事もあります。

 

ただし、現状ではこの不顕性感染での感染率はまだ分かっていない状態です。

何故ならインフルエンザはいつどこで誰から感染したのか特定が難しく、感染源が分かりにくいからです。

しかし可能性として全くないとは言い切れないので、外から帰った時の手洗いやうがい、インフルエンザシーズンでは家族といってもコップを共用する等の感染が考えられるような状態は控えるようにしましょう。

 

インフルエンザ感染を防ぐには

influ-yobou

インフルエンザ感染を完璧に防ぐ状態を作り上げるというのは、現状では不可能に近いでしょう。

しかし事前にどれくらい気を付けられるか、シーズンでどれだけ予防出来るかは、普段の行動が肝心と言えます。

シーズン前の予防接種、シーズン中の手洗いうがいなどの感染予防に加え、日頃から免疫力を高める為にも、毎日の生活に気を配りましょう。

また気を付けすぎる事もストレスになって逆に免疫力の低下に繋がりますので、出来る事をやった後は神経質になりすぎず自然に、大らかに過ごす事も大切ですよ。

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ